◇JRC療法◇

関節本来の運動能力を回復させ痛みをとるJRC療法

 ☆あなたは腰が常に痛くありませんか?

  ☆あなたは何度も腰を痛めていませんか?

  ☆あぐらや寝返りがスムーズにできますか?

  ☆いつまでもとれない痛みはありませんか?

  ☆股関節、膝の痛みで困っていませんか?

  ☆慢性的な肩こりや頭痛はありませんか?

  ☆O脚・X脚・外反母趾などで悩んでいませんか?

 

これは骨盤の関節機能異常が原因の可能性として考えられます

 関節の機能異常とは、関節が本来動くはずの動き(可動域)がなんらかの原因で動きにくくなり、筋肉の緊張等が起こり痛みや突っ張り感、しびれ、知覚障害など様々な症状を引き起こす原因となっています。

 

JRC療法とは

JRCは、「関節可動域を回復させる矯正」という意味です。この名のとおり基本的に位置的な矯正を考えるのではなく、あくまで関節本来の動き、特に関節包内の動きを回復させることに主眼を置いた矯正法です。

中でも腰の痛みを訴えてくる患者さんは非常に多く、体の部位別では常に第1位となっています。

そしてこのうちの実に80%以上の人に関節の機能異常がみられます。

特に骨盤の関節の一つである仙腸関節は(お尻に位置する仙骨とその脇に象の耳のように張り出した腸骨とで作られている関節)の機能異常は腰痛と密接な関係にあり、この関節がなんらかの原因で引っかかった状態となり(ぎっくり腰などはその典型です)、動きが疎外されると筋の緊張や関節の動きの制限が起こり、腰の痛みや、神経に沿った痛み、しびれ、感覚の鈍化や血行不良などを起こします。また場合によっては肩・肘・膝・足などの腰から離れた場所の痛みや、時には慢性の頭痛などを引き起こすことも多々みられるのです。

JRCとはその動きの悪くなった関節を非常に優しい矯正法を使って関節を緩めることで、そのような症状を取り除く療法を言います。

昔から腰は体の要(かなめ)と言われています。痛みが楽になったようでも関節の機能異常が残っているままだと、その後何度も繰り返して痛めたり、常に腰が重くすっきりしなかったり、少し腰を使うとまた痛みだしたりします。

車のハンドルと同じで関節にも一定の遊び(関節の緩み)が必要なのです。本来関節にあるべきこの遊びを関節に作ると、常に関節や筋肉がリラックスし緊張が無くなるので、血行も改善されその結果治癒能力が高まり炎症等も改善し易くなり痛みも消えていくのです。

side_banner1_df